Home パワースポット • 加藤清正とは?加藤清正の井戸に関する都市伝説

加藤清正とは?加藤清正の井戸に関する都市伝説

加藤清正とは?知っていますか?井戸に関する都市伝説で有名になっています。今回は井戸について紹介しますね

私は37歳ですが、小さい頃って井戸がありました。清正の井戸の謎ですが、加藤清正という安土桃山時代から江戸時代初期にかけて武将であり大名の名前となっています。

加藤清正と言えば、虎を狩る絵巻ものが有名となっていて、今でもこの虎を狩った話は伝説として大きな方がご存じだと思います。

また、加藤清正は豊臣秀吉の子飼いの武将で、秀吉の小性から家臣へ、家臣から、豊臣家の筆頭へと成長します。

江戸時代に入ると家康に気に入られて、関ケ原合戦の功名より肥後に領地を与えたのですが、初代、熊本藩主の地位を与えられるのです。

実際に昔は、井戸がたくさんありました。私の母の時代では、小学生の時に、お風呂の水も井戸から運んでいたといっていました。学校に行くよりも、家の作業などをする事が多く、学校へ行く時間はなかったようです。

井戸は便利だし、水は冷たいですが、井戸をなくしてしまう際には、きちんと拝んでもらって埋める必要があるとも聞きました。実際に、昔の人が掘っているようですが、凄いですよね。

今の時代では考えることが出来ませんが、昔は手動で全てをやり遂げていたと言われています。今の時代は、すべてを機械で行うことがあり、難しいと感じますが、明治時代かた井戸があり、昭和までちゃんと続いていたんですよね。

今では、井戸水というよりも山水を引く家庭が多くなっていますが、山水と井戸水はどう違っているのでしょうか。井戸から、お風呂の水を運ぶことは今の時代にはできませんよね。

実際に水が出なくなった最近の話しですが、飲み水を運ぶだけでもかなり大変な思いをした記憶があります。沢山の人が実際にお風呂にも入れないという状態になっていました。今の時代は便利だけど、災害などが起こった際にはどうしょうもなくなっていますよね。

水は生きていくために必要なもので、井戸から水が生まれたとも聞いた事があります。

Author:toshidensetsu