Home 都市伝説 • 東京の張り巡らされているといわれる地下通路の真相

東京の張り巡らされているといわれる地下通路の真相

東京の張り巡らされると言われている地下通路の真相って知っていますか?今回調べてみたので紹介しますね!参考にしてみてください。

・国会議事堂の秘密

8階は開かずの間と言われています。ピラミッドのようになっている屋根の部分です。ピラミッドの部分には大広間が存在していて、その広間のその頂上の展望台に上げれるようになっているのですが、現在では国会議員でさえも入ることが出来ないように立ち入り禁止となっています。その理由としては、過去に悲しい事件が隠されていると言われています。開かずの間である8階ホールになっていて、かつて議員が社交ダンスの練習の場として使っていたそうです。その時に出会った男女が恋に落ちたのですが、女性が捨てられてしまい、嘆き悲しんだ女性はその場の8階から身を投げたと言われています。それから、部屋から女性のすすり泣く声が聞こえるようになり、国会議員のの8階は開かずの間になったと言われています。

・東京の地下の謎

普段多くの方は使う地下鉄とは別に、政府用専用の地下鉄があるという噂があります。特に国会議事堂前駅には核シェルターが存在していると言われているのです。確かに東京の地下鉄は深く複雑で、その中で私たちの知らない謎があるかもと思っている人も多いと思います。政府専用地下鉄説の元になったと考えられているのは、1960年~1966年に陸上自衛隊の鐡道部隊が存在したと言われています。このころにはまだ道路も整備されていなかったことで、政府の交通手段として使われるのが目的となっていたよです。

実際に、何処の街でも様々な問題が挙げられていますが、実際にそれを知ることは難しいですよね。噂は聴いた事があると人も多いと思いますが、噂も、たくさんあり、どれが本当なのか。知ることが難しいとも言われていますし、悪い話などの場合には、余計多くの方がかくしてしまいたいと感じてしまいます。

利用していないのはもったいないという話もありますが、それなりに理由があり使われていないと理解することも大切だと思います。

 

Author:toshidensetsu