東京ディズニーランドに行くと別れてしまうという都市伝説

東京ディズニーランドに行ったカップルは別れてしまうと言われていますが、どういうことなのでしょうか?今回はその原因について調べてみたので参考にしてみてくださいね!

1=待ち時間が長い、ということで、デートをしている中でも待ち時間が長いと退屈になってしまいます。一緒に居て楽しいデートと思って出かけても最終的に考えると退屈という印象しか残っていない状態で、乗りたいものすべて乗れたわけでもなく、ほとんど待ち時間で終わってしまった結果が喧嘩に繋がってしまうことが多いのです。

2=迷いやすい。大好きな人とのデートでも地図を片手に持っていても行きたい場所まで遠かったり、中々たどり着けなかったりすることってありますよね。実際に、何度もディズニーランドに行っている人は楽しかったという思いでを作ることが出来ますが、初めての場合には、慣れていないことで、行く場所などが分からないことで、つまらないということが喧嘩になってしまいます。

3=可愛いスタッフが多い。実際に素敵なスタッフさんが多いので、女性に目移りしているわけではないけど、お姉さんの笑顔などに目を引かれている彼を見ているとイライラしてしまうというケースもあるようです。

4=お金を使う。実際に、チケット代や食事、飲み物、交通費、お土産などでかなりのお金を使ってしまいます。その中で、自分が欲しいものがあっても彼が自分のお土産ばかりで、自分へのプレゼントなどがない場合には、起こってしまう女性も多いようです。

5=疲れる。実際に、沢山の人ゴミの中ではしゃいだり、歩き回ったりすると家に帰るとかなり疲れてしまいます。楽しかったという反面では、実際に疲れ切ってしまいます。

 

・楽しい思い出を作るはずが、全く違っていたということはどんなことでもあると思いますが、何よりもきちんと計画を立てて出向くようにすることが大切になってきます。しかし、計画通りに進まないこともありますので、妥協も重要です。


加藤清正とは?加藤清正の井戸に関する都市伝説

加藤清正とは?知っていますか?井戸に関する都市伝説で有名になっています。今回は井戸について紹介しますね

私は37歳ですが、小さい頃って井戸がありました。清正の井戸の謎ですが、加藤清正という安土桃山時代から江戸時代初期にかけて武将であり大名の名前となっています。

加藤清正と言えば、虎を狩る絵巻ものが有名となっていて、今でもこの虎を狩った話は伝説として大きな方がご存じだと思います。

また、加藤清正は豊臣秀吉の子飼いの武将で、秀吉の小性から家臣へ、家臣から、豊臣家の筆頭へと成長します。

江戸時代に入ると家康に気に入られて、関ケ原合戦の功名より肥後に領地を与えたのですが、初代、熊本藩主の地位を与えられるのです。

実際に昔は、井戸がたくさんありました。私の母の時代では、小学生の時に、お風呂の水も井戸から運んでいたといっていました。学校に行くよりも、家の作業などをする事が多く、学校へ行く時間はなかったようです。

井戸は便利だし、水は冷たいですが、井戸をなくしてしまう際には、きちんと拝んでもらって埋める必要があるとも聞きました。実際に、昔の人が掘っているようですが、凄いですよね。

今の時代では考えることが出来ませんが、昔は手動で全てをやり遂げていたと言われています。今の時代は、すべてを機械で行うことがあり、難しいと感じますが、明治時代かた井戸があり、昭和までちゃんと続いていたんですよね。

今では、井戸水というよりも山水を引く家庭が多くなっていますが、山水と井戸水はどう違っているのでしょうか。井戸から、お風呂の水を運ぶことは今の時代にはできませんよね。

実際に水が出なくなった最近の話しですが、飲み水を運ぶだけでもかなり大変な思いをした記憶があります。沢山の人が実際にお風呂にも入れないという状態になっていました。今の時代は便利だけど、災害などが起こった際にはどうしょうもなくなっていますよね。

水は生きていくために必要なもので、井戸から水が生まれたとも聞いた事があります。


東京大神宮で縁結び|関東最強の恋愛パワースポット

東京大神宮で縁結びのスポットを紹介しますね。恋がしたいと考えている人や彼氏と結婚をしたい、あの人に振り向いて欲しいと考えている人、願いを叶えたいと考えている人にはお勧めできます。今回5つ紹介するので参考にしてみてくださいね!

1.東京大神宮=飯田橋から徒歩5分程度で、いわずと知れている縁結びのメッカです。土日には、結婚式を行っているカップルも多く、恋愛に関して実力はあると言えますよね。実際に、お参りしたら次の日に未来の結婚相手と出会ったという話などもよく耳にします。平日でもたくさんの女の子たちがお参りしている大人気の神社です。お勧めできるのは、恋みくじです。多くの方が引いていますよ!

2.箱根神社・九頭龍新宮(神奈川)

芦ノ湖のほとりにある箱根神社です。その中にただずむ九頭龍新宮は恋愛の神様が祭られていると有名になっています。近くには安産杉と言われている歴史のある木もあります。境内の龍神水舎には、龍神水という一切の不浄を清めてくれるという水があります。飲んでみるようにしましょう。また、持ち帰りが出来るペットボトルもあるのでお勧めできます。

3.川越氷川神社(埼玉)

川越氷川神社は、夫婦の神様が二組、そして同じく縁結びで有名な出雲大社の神様が祭られているようです。なので凄く縁の強い神社でもあります。運命の相手に出会ったら二人で神社にお返しにいくと、良いことがあると言われています。

4.愛染神社(千葉)

様々な縁に関係している神様が祭られていると言われていて縁結び大社となっています。恋の願かけめぐりという7つの神様をめぐるお参りが大人気となっています。縁のともびでご挨拶をして、悪縁切り、縁開き、縁運上昇と続けることが出来て、良縁に欠かすことが出来ない神様たちなので、心を籠めてお祈りするようにしましょう。

5.日光・二荒山神社

日光東照宮の西に位置している神社は、340ヘクタールという非常に広いというのが特徴となっています。

 

良い縁に恵まれていることは恋愛だけでなく、人間関係などでも良い絆が生まれますよ。

※当たってる!電話占いWishウィッシュの体験談はコチラ!


東京の張り巡らされているといわれる地下通路の真相

東京の張り巡らされると言われている地下通路の真相って知っていますか?今回調べてみたので紹介しますね!参考にしてみてください。

・国会議事堂の秘密

8階は開かずの間と言われています。ピラミッドのようになっている屋根の部分です。ピラミッドの部分には大広間が存在していて、その広間のその頂上の展望台に上げれるようになっているのですが、現在では国会議員でさえも入ることが出来ないように立ち入り禁止となっています。その理由としては、過去に悲しい事件が隠されていると言われています。開かずの間である8階ホールになっていて、かつて議員が社交ダンスの練習の場として使っていたそうです。その時に出会った男女が恋に落ちたのですが、女性が捨てられてしまい、嘆き悲しんだ女性はその場の8階から身を投げたと言われています。それから、部屋から女性のすすり泣く声が聞こえるようになり、国会議員のの8階は開かずの間になったと言われています。

・東京の地下の謎

普段多くの方は使う地下鉄とは別に、政府用専用の地下鉄があるという噂があります。特に国会議事堂前駅には核シェルターが存在していると言われているのです。確かに東京の地下鉄は深く複雑で、その中で私たちの知らない謎があるかもと思っている人も多いと思います。政府専用地下鉄説の元になったと考えられているのは、1960年~1966年に陸上自衛隊の鐡道部隊が存在したと言われています。このころにはまだ道路も整備されていなかったことで、政府の交通手段として使われるのが目的となっていたよです。

実際に、何処の街でも様々な問題が挙げられていますが、実際にそれを知ることは難しいですよね。噂は聴いた事があると人も多いと思いますが、噂も、たくさんあり、どれが本当なのか。知ることが難しいとも言われていますし、悪い話などの場合には、余計多くの方がかくしてしまいたいと感じてしまいます。

利用していないのはもったいないという話もありますが、それなりに理由があり使われていないと理解することも大切だと思います。